PC関係のTips

PC周りのいろいろをメモ

ノートPCの無線ルータ化(逆デザリング化)

 

有線接続はあるけど無線LANルータが壊れたか、ない場合に使えます。

OSはWindows 10 Enterpriseで行いました。機種によってはできないものもあるようです。

 

手順

①前準備

コントロール パネルを開き、「ネットワークとインターネット\ネットワーク接続」に行き、イーサネットのプロパティの共有タブへ。

「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する」のチェックを外す。(その後の再起動が必要かも)

 

コマンドプロンプトを起動

コマンドプロンプトを管理者権限で起動します。

 

③SoftAP (PCを無線親機化する機能)を有効

netsh wlan set hostednetwork mode=allow を入力。

 

④PCから発信するSSID(無線電波名)、接続するためのセキュリティキー(パスワード)を決める操作。

netsh wlan set hostednetwork ssid=〇〇〇〇 key=〇〇〇〇 keyUsage=persistent を入力。

ssidはいわゆるwifiの名前、keyはパスワードです。〇〇〇〇のところは半角英数で好きな文字で(パスワードは8文字以上)入力してください。

 

⑤SoftAPを開始

netsh wlan start hostednetwork を入力。

以下のようになれば大丈夫です。

f:id:bigden:20170507154324p:plain

 

⑥ネットワーク接続へ。

 コントロール パネルを開き、「ネットワークとインターネット\ネットワーク接続」に行くと、新たなMicrosoft Virtual WiFi Miniport Adapter担っているアダプタが出てくる。ここではローカルエリア接続*10である。(ssidnameは上で決めたwifiの名前)

 

f:id:bigden:20170507154339p:plain

⑦インターネット接続を共有

イーサネットのプロパティの共有タブへ行き、「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する」にチェックを入れ、ホームネットワーク接続を「ローカルエリア接続*10」にする。

f:id:bigden:20170507154415p:plain

⑧設定完了

後は、iPhoneなどの端末側から接続すれば完了です。

 

ただ、softAPは電源を落とすと停止するので、次回PC起動時にsoftAPを開始しなければなりません。パッチファイルとして置いておくとわざわざコマンドプロンプトを開いて開始しなくても済みます。以下を参照してください。

WindowsのSoftAP設定後の利用方法! PC起動時の自動開始方法とよく利用する場合の上手な使い方 | My Network Knowledge

 

できない方は

↓の文が出た方はデバイスマネージャーでMicrosoft Virtual WiFi Miniport Adapterのドライバが最新かどうか確認し有効にする。

 

f:id:bigden:20170507154358p:plain

その他トラブルシューティング

http://nw-knowledge.blogspot.jp/2014/11/softap-trouble-shoot.html